空みたこと花

冬と乾季はじめました

おくれる

f:id:pherim:20181112110815j:plain

 

 さてなにを書こう、と思って瞬時に想起されたのが、15歳前後のころアトピーがひどくなって行った京橋の東洋医の「きみは気塞がりなんだよ」というひと言で、首筋のリンパのあたりで気が詰まる、みたいに指先を首へ当て老医師は説明してくれた。これをその場で「気詰まり」と読みかえたことから深く納得し感心もしたのだけれど、それと常々自覚される発語の「遅れ」には通底するものがある、と感じられる今朝。

 この自分、という閉鎖系のくくりでいくら発想したところで、まず身体が皮膚呼吸や感覚把握によりその全体で外気外界と連なっていて、ゆえに心身症的徴候を「身体」なり「精神」なりのいずれかに帰して済ませる態度はしばしば空疎な理屈へ嵌まりこむ。いま抱える世界認識によって了解できる枠組みへ感覚対象を落とし込めれば何かが免罪される気になるという、この外界に対する無自覚で過度のおもねりや依存が不自然な「形」を生む。自分の場合おそらく成人までのアトピーであり現存する局所的な凝りであったりするけれど、人によりそれは自傷行為であったり肥満や拒食、アルコール薬物やセックス依存であったりするのだろう。(これらの症候に苦心する人々が須らく心身症的というのではない)

f:id:pherim:20181112110827j:plain


 こういう思考の連なりは、ある種のひとからみれば蒙昧さの証にしか見えないはずだが、それはそれで科学依存への無意識の不安が映す自己投影でしかない。このとき彼や彼女は自らの鏡像を見るためぼくを見る。けっきょく正論の拠って立つ社会そのものが規範的にも基盤的にも揺らぐとき、その揺れを等閑視する「いい人」たちはアテにならない。してはいけない。自分の直感こそ正義という幼児性を裏返しに抱えているのが科学信者というもので、自律的に考える言葉をもたない関係性を世間という。

 どんどん遅れる。溜まりこむ。巻き戻す、追いつく、はそれ自体がどちらもひとつの別様だ。だから字面を照らせばあらゆる瞬間、それらは逐一ファンタジーを生んでいく。巻き戻せないし、追いつけない。つまりはそういう時を生きている。という選択であれば今できる。それこそはかけがえのない恵みだな、とは素朴におもえる。感謝しつつ、為せば良いというリアルを生きてあれたらいい。鏡面にきらめく光、そこに宿る形を意志という。よく見つめ、よく映す、呼吸する。その連なりには居座らない。痕跡はふと振り返るものとしてあればいい。散歩の足あともときには描く。それはそれで発語なんだよ。とどけばいい、ね。

 

  

(※写真は今年9月インド北部チベットザンスカール・ラダックにて撮影)